Home > スタッフブログ > baserCMS > BaserCMSオフィシャルパートナー

BaserCMSのオフィシャルパートナーに選ばれました!

関西ではまだ数少ないのにパートナーになることができました!関西圏ではまだたったの2件だけのオフィシャルパートナーです。RymeのコワーキングスペースでもBaserCMSの勉強会など開催していこうと計画中です〜。

 

baserCMSオフィシャルパートナー

 

関西圏でたった2つ!

希少なオフィシャルパートナーになることができました!

2016/11/25・11/26の神戸ITフェスティバルにもBaserCMSブースのスタッフとして参加する予定です〜。

 

BaserCMSとは

baserCMS(ベーサーシーエムエス)とは、日本人が日本人の為に開発している国産CMS(コンテンツマネージメントシステム)です。
オープンソースフレームワーク「CakePHP」をベースとしているので、カスタマイズ性、メンテナンス性が高いのが特徴です。

WEBサイトに最低限必要となるメールフォームや新着ブログなどのプラグインや管理画面の枠組みを最初から装備し、スマートフォーンや携帯サイトにも対応しています。
マニュアルやソースコードのコメントにおいて日本語を標準としているのも国産CMSの強みです。

 

gori0I9A9916_TP_V.jpg

Ryncのシステム開発スタイル

普段からオープンソースフレームワーク「CakePHP」を採用したシステム開発を行っています。

CakePHPは「あらゆるレベルのPHPユーザが、素早く快適に開発を行える事」を目標として産み出されたRAD型のフレームワークで、Ruby on Railsの影響を強く受けています。シンプルでフレームワークとしての規模は比較的小さめ、小・中規模開発に適正がある点で人気となっています。

世界規模で多くのWebアプリケーションに導入されているPHPフレームワークで、高いレベルでユーザの要求に応える事ができる機能を備えています。初心者が導入しやすいようにサーバーの設定変更や動作環境の整備がほとんど必要ないように作られています。

 

「んーよくわからん。」という人に

 

システム開発する作業を効率化するために作られたライブラリをまとめたフレームワークで、

WEBアプリケーションを創るために必要な機能の詰め合わせのようなものです。

つまり、システム開発するのに1から全て開発するのではなく、ライブラリを活用して効率良くカッコ良くスマートに開発ができる。

というものです。

 

baser1.png

BaserCMSのメリット

私自身WordPressもDrupalも開発した経験もありますが、どちらも便利ですけど、複雑になりすぎていて難しくなっています。トラブルが起きても誰に聞いていいのか分からない。解決方法を調べても信ぴょう性がない。いろんなテクニック本やブログを見たりして調べますが、どうしても時間がかかってしまいます。

開発元が日本にある。

日本に開発元があることで質問しやすい。

これほど安心できるものはないなと思いました。トラブルが起きても対応しやすい。

何かを調べるにしても、コミュニティが日本にあり、だいたい日本語。調べるのも効率良くできる。

 

クライアントも日本語に慣れているから安心してもらえる。

サイトを開発したのちに運営していくのはクライアント自身なので、

やはり日本語であることで操作がわかりやすい。日本人向けに作られているので慣れやすく親しみやすい。

クライアントさんが安定的に活用できる環境が大事だと思います。

 

カスタマイズ性・メンテナンス性が高い

CakePHPフレームワークが元なので、ライブラリが整っている。やりたいこともどんどんできる。

他のCMSのようにプラグインがないから無理だとか、プラグイン入れるとなぜか重くなってしまった。プラグインの質の良し悪しに左右されてしまう。

独自のカスタマイズもできるので、プラグインの範囲にとどまらず、やりたいことを開発できる。

CakePHPのルールに則ているのでメンテナンスもしやすい!

 

 

IMG_2149.jpg

RyncがBaserCMSを取り入れるワケ

 

クライアント目線で運営のしやすさを維持したい

クライアントさんが長く、サイト運営や更新を続けるにはシステムのハードルを極力下げてあげたい。

安心して活用してもらえることで、満足してもらえる工夫を考えてBaserCMSをオススメしています。

 

カスタマイズが自由自在

Ryncは元々CakePHPの開発経験が多数あります。

不動産サイトやポータルサイト、ネットオークションサイトetcの様々な経験を持っています。

これらの経験を活かした上で活用できるBaserCMSは、カスタマイズの可能性を広げてくれます。

システムの中身まで理解しているからこそできるカスタマイズで、BaseCMSの活用方法をさらに広げることができます。

 

 

 

RyncはこれからBaserCMSのオフィシャルパートナーとして頑張っていこうとおもいますー。

Rync 丸井でした。

 

2016/11/08